自動車保険 基礎知識

 

 

保険会社を複数比較して相場がわかる

 

↓【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり↓

 

自動車保険の基本的な保証

 

 

自動車保険の基本的な保証は、まず対人賠償保険があり、相手のケガや死亡を賠償してくれます。

 

事故を起こして誰かを死傷させてしまった場合、損害賠償が発生しますが、人身の損賠賠償は、自賠責の補償上限を超えることが多くなります。そうした際、超過分を補償するのが対人賠償保険で、他人に与えた損害を補償してくれます。但し、運転していた人自身が死傷しても、補償はされません。

 

 

自動車保険には、対物賠償保険もあり、相手の車など物損に対しても賠償してくれます。これは、物に対して発生した損害賠償を補償する保険になります。事故で相手の車が壊れてしまった場合、直接的に破損したものだけでなく、店舗を壊してしまった場合は、営業上の損害なども補償してくれます。自賠責ではカバーしきれないので、重要な意味を持つ補償になります。

 

 

自動車保険の基本的な保証には、搭乗者傷害保険もあり、これは車に乗っていた人のケガなどを補償してくれるものです。車に乗っている人がケガをしてしまった場合に補償される保険で、自分のケガについてもカバーしてくれます。

 

自動車保険のよくあるトラブル

 

 

自動車保険のよくあるトラブルは、全ての事故について補償される訳ではないので、事故の原因によって対象外となることによるトラブルです。保険金が支払われない場合があるので、知らないとトラブルになります。

 

 

よくあるのが、運転者が故意に事故を起こした場合で、その場合、保険金は支払われません。運転者の無免許や飲酒運転、麻薬使用が原因の事故においても保険金は支払われないので注意しないといけません。対人賠償保険と対物賠償保険については補償対象にはなるのですが、被害者が運転者の両親、子供、配偶者の場合、保険金は支払われないことになります。

 

 

事故による損害に対して補償されるというのが、自動車保険の本来の目的なので、自然災害によるトラブルに関しては、補償対象になりません。地震による津波で車が流されたような場合、補償はありません。原発事故による放射能汚染についても、補償対象外になるので注意が必要です。

 

テロや暴動などのトラブルによる損害についても、補償対象外となり、自動車保険については、保険金は一切支払われることはありません。

 

自動車保険で入っておきたいオプション

 

 

自動車保険で入っておきたいオプションは、個人賠償責任特約です。

 

日常生活で起きた偶然の事故などで、本人と家族が他人に対して法律上の賠償責任を負ってしまった場合、賠償金を補償してくれるというオプションになるので、是非入っておきたいです。このオプションは、自動車事故以外のものも対象になるので、自動車保険に加入する際、特約としてセットしておくとよいでしょう。

 

 

対物臨時費用担保特約も入っておきたいオプションです。このオプションは、対物事故の際、臨時的に発生した費用を一定の限度内で補償してくれます。入っておけば、被害者へのお見舞い代や被害者宅に謝罪に行く際の交通費などを補填することができます。多額のものではないので、1〜2万円程度を上限としていることが多く、入りやすいです。

 

 

自動車保険で入っておきたいオプションと言えば、ファミリー傷害特約もそうです。自分と家族が、自動車事故以外の理由でケガをした際、補償してくれます。補償の範囲を夫婦に限定するものや、自宅外でのケガのみに限るものなどがあるので、自分にふさわしいものを選ぶとよいでしょう。補償内容は通院1日につき1,000円、入院1日につき5,000円というような形で決まっています。

 

 

自動車保険の見直しのポイント

 

 

自動車保険の見直しのポイントは、年齢条件と運転者限定を見直すことです。自動車保険の保険料は、補償対象となる運転者とその年齢条件をどう限定するかで変わってくるからです。年齢条件の設定方法によっては、保険料率に最大3倍程度の差が発生するので、その差は大きいです。

 

また、運転者の範囲を狭めれば保険料が安くなるので、自動車保険の見直しの際には、年齢条件と運転者限定を確認してみることです。自分にとって最適な設定に見直せば、保険料節約につながります。

 

 

自動車保険の見直しをする時は、年齢条件の区分と運転者限定の種類で保険会社を選ぶ必要があります。運転者限定の種類は、保険会社によって違います。

 

また、年齢条件の区分や利用できる運転者限定の種類で保険料が大きく異なる場合があるので、自動車保険の見直しをする時は、複数の保険会社の見積もりを取って保険料を比較する必要があります。

 

最適な自動車保険選びをするためには、複数の保険会社に見積もりを依頼し、保険料を比較することが大切なので、それが簡単にできる一括見積もりサービスを利用するのがおすすめです。

自動車保険の相場を知るためには一括見積もりサービスが便利

 

 

自動車保険の相場を知る場合、おすすめできるのが一括見積もりサービスです。自動車保険に加入する場合、まずは相場を知ってから、見積りをすると言うのが賢明です。

 

 

その際、一括見積もりサービスを利用すれば、主要な自動車保険の見積りを、簡単な作業で簡単に入手することができます。相場を知るのに、最短距離で行うことができます。保険料の相場を知りたい場合、自分の希望する条件設定により、主要な自動車保険の見積りを一通りやってみるのが確実です。それができるのが一括見積もりサービスであり、1回の入力で複数の自動車保険の見積りの結果を知ることができます。

 

 

中には、入力した直後に、保険料試算結果を見ることができる保険会社あるのでとても便利です。一括見積もりサービスなら、詳しい見積りが、電子メールなら当日もしくは翌日に届き、郵送であっても3〜4日で、損害保険各社から送られてきます。一括見積りサイトで入力した内容は、各自動車保険のサイトで、条件等を変更した見積りができるので便利です。

 

 

これらのサービスを無料で利用できるので、自動車保険の相場を知るためには一括見積もりサービスがおすすめです。

 

 

通販型自動車保険とは?

 

自動車保険の通販型と代理店型の違い

 

 

 

自動車保険の通販型と代理店型の違いは、どこにあるのかと言うと、通販型の場合、代理店型より安い価格で同じ内容の補償を受けることができます。保険の内容や事故時の適切な知識がある人におすすめで、高い保険料を払わずに契約することができます。

 

 

知識がある人にとって、通販型はおすすめできます。代理店型のサービスほど細かい説明はありませんが、通販型であってもちゃんと事故時のアドバイスは受けられます。通販型の場合、細かなサービスを受けることはできませんが、多少の知識がある人なら通販型は値段も安く、おすすめできます。

 

代理店型は、事故が起こる前から契約者と直接会って話をするので、適切な補償を受けることができます。また、事故が起きた際は、できるだけ有利な条件になるよう助けてくれます。代理店の担当者は、プロとしてきちんと事故対応を進めてくれるので、適切な補償を受けることができます。代理店型の場合、事故の際、連絡を入れると現場まですぐに駆けつけてくれ、事故の解決まで適切なアドバイスを受けられます。ただ、細かなサービスを受けることができる分、料金が高くなるのがデメリットです。

 

 

 

 

通販型自動車保険のメリット

 

 

 

 

通販型自動車保険のメリットは、とにかく保険料が安いところです。代理店型よりも安い価格で同じ内容の補償を受けることができるのは大きな魅力です。代理店型のように、細かい説明はありませんが、保険の内容や事故時の適切な対応に関して正しい知識さえあれば、高い保険料を払わずに契約できます。知識がある人にとっておすすめできる保険会社で、安く契約できます。また、多くの保険会社が、24時間のコールセンターを持っているので、リアルタイムで対応を受けることができます。

 

 

通販型自動車保険のメリットは、保険料の安さだけでなく、手続きの手軽さもあります。インターネットで手続きが完結する通販型自動車保険は、説明や手続きをサポートする人間が不要です。その分、人件費がかからないので保険料を安くすることができます。全ての作業をインターネット上で完結できるので、ネット環境が整っている人であれば、パソコンやスマートフォンを利用して簡単に手続きを済ませることができます。

 

 

多少の知識がある人なら、通販型自動車保険は、安いので、利用する価値は大いにあります。

 

 

 

 

通販型自動車保険のデメリット

 

 

 

 

通販型自動車保険のデメリットは、細かなサービスを受けることができないところで、自動車保険についての詳しい内容がよくわかりません。専門の難解な言葉や制度がよく理解できません。それについて直接教えてくれないからです。

 

通販型の場合、電話やメールなどから、間接的にしかアドバイスを受けることができません。事故時の対応については、大差はないのですが、保険会社によって力の差があるのもデメリットです。特に駆け引きで微妙な判定の場合、1割くらい違ってくることはよくあります。

 

 

また、通販型の場合、質問がしづらい雰囲気があります。通販型自動車保険は、ダイレクト通販になるので、基本的に全ての手続きをネットから契約者が自ら行わなくてはなりません。そのため、様々な種類の保険がある中、自分に必要な保険をしっかり見極めてから加入しないといけません。

 

何も知らずに適当に契約してしまうと、せっかく安い通販型自動車保険に申し込んでも、無駄な保険に加入してしまう可能性が懸念されます。

 

通販型自動車保険の最大のデメリットは、細かなサービスが受けられないところです。